岩登り 六甲山キャッスルウォール(平成24年10月8日) <トミおじさん撮影のため参加>

 体育の日の連休、このところずっと秋晴れの日が続いています。
 見上げるキャッスルウォールの頂の先、青空に真っ白な秋雲が浮いています。年間で一番絶好の日和でした。
 アルペン芦山に入会して、まだ日の浅い新入会のメンバーが楽しみにまっていた岩登りです。
 なかには入会以来もう4・5回、蓬莱峡や保塁岩の経験をしてロープ裁きも確保もバッチリの人もいるけど、まだまだ初歩で手も足も、いっとき固まってしまう人も多い。
 3本のルートを作ってレベルにあわせての登りと懸垂下降。会長はじめ岩部スタッフの熱心な指導を受けて最後には一番長い中級コースを全員、皆登りきることが出来ました。
 皆んなの顔に達成感、満足感の笑顔があります。誰もが岩にひたすら没頭してすっかり岩のとりこになってしまいます。・・・・岩にハマッテ・・もう止められない・・・。
 今日はキャッスルウォールの岸壁一面アルペン芦山参加者13名で貸し切り状態。岩いっぱいに広がって岩と戯れる会員の姿は壮観でした。
 昨日7日の近代登山発祥地ハイクと今日の岩登りと連続参加の元気組も数名、トミおじさんも今日も岩登り写真撮影でたっぷり撮りました。

     <写真と文はトミおじさん>

   

 

 

 

             

   
 
    

     

      

                 hom
  

 

inserted by FC2 system