2013年 ツレモテイコラ熊野の旅(平成25年11月23日〜24日)

 
アルペン芦山会員Sさん(熊野古道語り部)の企画。毎年おなじみの楽しい熊野ツアーの便りです。
 ツレモテイコラとは一緒に行きましょうという熊野の方言。
 初日は現地婦人会の皆さんから地元料理を学びます。夜は料理民宿立石さんの豪勢な晩餐。二日目は熊野古道を歩いて湯の峰温泉へ。
 道すがら、Sさんの熊野古道の説明やアルペン芦山OBK堂さん(六甲の自然研究員)の山の植物のお話もあり楽しくためになるハイキングでした。
 F原さんからは写真が届きました。           ・・・便りを有難うトミおじさん 


  11月23日
 朝7:50大阪駅を高速バスで出発し紀伊田辺へ。竜神バスに乗り換え川湯温泉に午後1時20分到着。
 宿の立石さんの車3台に分乗し大塔川上流の静川の婦人会やまびこ会の共同キッチンへ。
 地元のお母さん二人によるサンマ寿司とこんにゃく作りの料理教室のハジマリ、ハジマリ。
 こんにゃく作りは力が要ります!できたてのこんにゃくの刺身を味わった後今度はK山さんが料理人のいでたちで登場。持ち込んでいただいた材料をみんなで切ったり洗ったりして、簡単な中華の一品を披露してくださいました。レシピもいただき、とてもおいしいものでした。ありがとうございました。
 帰りは歩くつもりでしたが立石さんが車を出してくださり、楽して川湯温泉に戻り露店風呂や温泉を楽しみ宴会開始。
 いつもながら立石さんのお料理は絶品。正真正銘のプリプリ伊勢エビのお刺身、クジラのルイベ、お父さんが川で取ってくれた川エビのから揚げやアユの塩焼き、てんぷら、モクズ蟹、ほうき茸、からす茸、猪肉の炒め物、レンコン饅頭・・・・マツタケご飯と山ほどのごちそうでしたがみんなで完食。
 あまご酒は1升5合消費!食後は離れに場所を移し2次会で盛り上がり、21時お休みタイム。

   

          

  

   

            

   11月24日

 朝6時15分朝食、7:15立石さんの車3台に分乗し発心門へ行き中辺路を逆に猪鼻王子経由で船玉大社まで歩き、そこから赤木超えのコースをとります。
 はじめは200メートルの高度差を一気に登りますが、後は尾根歩きの楽々コース。
 
 湯の峰温泉11時30到着。生卵とサツマイモを買い温泉の93度の源泉に沈め、出来上がる間湯の峰の公衆温泉等で自由時間。
 ゆで卵ができた頃、昨日作ったサンマ寿司の入ったお弁当をやまびこ会のお母さんが配達してくれました。現地とれとれの食材で彩りよく盛り合わせたお弁当を美味しく頂きました。
 12時46分の竜神バスに乗車。紀伊田辺で待つことなく大阪行き高速バスに乗車でき渋滞もなく18時20分難波に到着しました。

 両日共最高に天気に恵まれ、それは美しい紅葉を楽しんだ今年の熊野ツアーでした。
 参加者はアルペン芦山会員9名 一般10名でした。
    
   

   
     ↑参加されたK堂さん ブログ六甲山を遊ぶにも書いておられます、是非ご覧下さい。

           

    
         <文はSさんより、写真はF原さんより> 
                                                                    home


  

          

inserted by FC2 system