ファイナルスキー 木曽ふくしまスキー場
(平成26年3月28日〜30日)トミおじさん参加

 つい先日まで寒い寒い、大雪もあった日本各地、あっという間に桜前線が通り過ぎて行きます。
 木曽ふくしまスキー場も今期営業終了です。
 1日目は快晴、春の陽気でポカポカ。雪はたっぷり、午前中はきれいに圧雪されたゲレンデを気持よく滑ります。でもこの陽気に刻々と雪質は変化、午後になるとシャ―ペットの雪に変わってきました。
 「もうこれが今シーズン最後の1本の滑りになるかも・・」 名残のスキーはぐちゃぐちゃ糊の重い雪でした。
 2日目は春の嵐が吹いて、スキーはほんとうにおしまいです。 
 「有難う・・木曽ふくしま・・・また来期、新雪がふったら、いの一番オープンスキーに滑りにくるからね」
 アフタースキーは、飲んでカラオケして、語って、ファイナルの盛り上がりです。
 T口島本スキークラブ会長は 「スキー馬鹿」 と書かれたTシャツを着て皆さんの世話に奔走されました。・・・ほんとうにお疲れ様でした。
 寝てもさめても山とスキーのことで頭いっぱいのトミおじさんと、もう一人と、80歳越えの2人組。世間は春の陽気にみちみちて桜が咲いているというのに重たいザック(12kg)とスキー板(4kg)を担ぎ、雪を求めていそいそと最後の最後まで滑りに行くのだから、こちらも 「スキー馬鹿高齢2人組み」 といわれそうだよね (笑)

   <写真と文はトミおじさん>
   
          
         
 
    
                
      
              home
           アルペン芦山F沢さん《左)とトミおじさん(右)

              

inserted by FC2 system