沢登り 台高山系 東の川 変更 前鬼川(平成26年7月25日~26日)

  アルペン芦山の沢登リ例会です。K島さんからの便りです。 リーダーはM野さん。会員6名のパーティです。

 7月25日大阪19時に集合し、途中 「ごはんや」 で夕食。宿泊地は “吉野路上北山 道の駅” 到着22:30。駐車場にテント設営。そこには続々と山仲間が5台駐車しテントを張っている。テントは蚊帳テントでシュラフカバーを被って快適に就寝。
 26日朝5時起床し、朝食はラーメンとパン。
 テントを撤収し6時に 「さぁー出発」 池原ダムのくねくね道の落石を退けながらドロドロ道をスリップしながら薬師堂を目指して1時間半。薬師堂手前1.5kmでなんと道が崩落して道がない!
 しかたがないので近くの前鬼川に変更! 悪路のくねくね道を引き返し2名が車酔い。2時間かけ前鬼川駐車場に到着。なんと、15台程の車が処狭しと駐車している。
 前鬼川本流に入ると水量は多めですが、前鬼ブルー! 抜群の透明度です! 
 2段10m滝はM野さんトップで滝身の横をザイルで登る。その滝口の上を徒渉します。安全のため、ロープで確保。その後は100mほどのナメが続き綺麗な色に癒されます。
 谷が大きく開けた処で昼食。これから下降です滑り台のスライダー、釜ではラッコ泳ぎ、滝では懸垂下降。
 出発地点でスイカをデポして冷やしています、甘くておいしいスイカをほおばり満足。帰路は運転手を交代しながら愉しい沢登りでした。

                                                                   
 ・・・便りをありがとう・・・
    
 <写真も文もK島さんより>
  <後段にH木さんより写真追加>

           
  
                 


  追加  <新会員のH木さんからも写真とコメントが寄せられました>

 雑誌や本などに書いてある 「ゼンギブルーと言う美しい水の色に魅了されるだろう」 との言葉に嘘偽りはなし。「水の美しさは、関西一」との言葉にも納得です。
 でも沢の滝壺は怖いですね。今回の私の山行の教訓です。
   ①滝壺、淵の水の流れ(水中は渦巻いている)には、注意する。
   ②ライフジャケットを付けていると言って安心せず、身に着けている浮力(ライフジャケット+ザック等)がどれほどか?を意識しておく。   
  苦い事を含めて、さらに多くの経験を積んで行こうと思った山行でした(笑)・・・・(略)・・
                 H木さん 便りを有難う・・トミおじさん
 
       
  
               home
                                                                                       

          
    

inserted by FC2 system